今が花期お花一覧へ

  • 宿根草

名称ニオイスミレ リーズ・ピーチィ・ピンク

分類
スミレ科
花言葉
「高尚」「秘密の愛」「奥ゆかしい」「控えた美しさ」「信頼」「謙虚」
咲いている場所
社屋南側正面
花期
2月下旬~4月
ニオイスミレ リーズ・ピーチィ・ピンク
  • 芳香放つニオイスミレ
  • 薄ピンクの柔らかな花弁

WestGarden南側の庭には早春のクリスマスローズとの競演相手として、スミレを多品種植えてあります。こちらはソフトなピンクが愛らしいニオイスミレ。ニオイスミレはスミレの中でも、特に香りがよく、室内に1輪あるだけで漂ってくるそう。

ポプリや化粧品、香水、ハーブティなどに用いられ、古くから親しまれてきた花です。紫色が印象的な「バイオレット・フィズ」のバイオレットリキュール(パルフェ・タムール)もニオイスミレを香料に使っています。

そんなステキなニオイスミレですが、暑さに弱いとの事で、南側のレイズドベッドに耐えるか心配です。夏の主役ルリマツリがかばってくれるとよいのですけれども。