今が花期お花一覧へ

  • 宿根草

名称馬酔木(アセビ)

分類
ツツジ科アセビ属 常緑低木
花言葉
「危険」「二人で旅をしよう」
咲いている場所
社屋西側
花期
3月~4月
馬酔木(アセビ)
  • 万葉集に登場する和花
  • しっとり早春を彩ります

早春。つぼ型のピンクの花を房のようにたわわに咲かせる馬酔木(アセビ)。和と山野草でまとめた西側のガーデンを彩ります。馬酔木の語源は、ほぼ全草にグラヤノトキシンI(旧名アセボトキシン)、アセボプルプリン、アセボイン、ジテルペン、アンドロメドトキシンといった毒成分を含み、食べた家畜がふらふらと酔ったようになることから。花言葉の「危険」はそのあたりから来ているのでしょう。

日本では古くから自生し、親しまれてきました。万葉集にその名が見えるほか、俳人・水原秋桜子の主催誌名「馬酔木」も有名です。

「池水に影さへ見えて咲きにほう 馬酔木の花を袖に扱入れな」 万葉集 大伴家持