今が花期お花一覧へ

  • 宿根草

名称松虫草(スカビオサ)ホワイトクイーン(アルバ)

分類
マツムシソウ科  耐寒性多年草 (冬期常緑~半常緑)
花言葉
「わたしはすべてを失った」「不幸な恋」「未亡人」
咲いている場所
社屋南側正面
花期
5月~11月
松虫草(スカビオサ)ホワイトクイーン(アルバ)
  • ハイセンスな西洋松虫草
  • 切花で人気の清楚な花姿

松虫草といえば山地に自生する薄紫色の日本松虫草のイメージがありますが、こちらはホワイト×グリーンが個性的な西洋松虫草(スカビオサ)です。この品種は切花やフラワーアレンジメントで大変人気があります。
フリルのような花びら、すらりと伸びる茎、色が濃く繊細な葉など清楚な風情が印象的です。花期が長く、越冬を重ねて大株になれば花数も増えるので、会社のおもてなしのお花として活躍してくれるのではないかと期待しています。

それにしても寂しい花言葉。原種の色である薄い紫色がいけないのでしょうか。こんなに愛らしい花なのに、時として花言葉も罪つくりなものです。