今が花期お花一覧へ

  • 宿根草

名称黄水仙(キズイセン)

分類
ヒガンバナ科スイセン属
花言葉
うぬぼれ、自己愛、ナルシスト
咲いている場所
社屋西側
花期
2月~4月
黄水仙(キズイセン)
  • 春を告げる一番花
  • 明るい黄色で風水UP

詳しい品種は定かではありませんが、西東京不動産の早春を彩る黄水仙(キズイセン)の数々。西側のレイズドベッドに群生する水仙は、見たところラッパスイセンに近い姿です。
2月くらいから咲き出す水仙の明るい黄色は、春の訪れを感じさせます。「西に黄色で金運上昇」と風水で言われているので、ついつい西側に黄色い水仙を移植していたら、毎年大きくなって見応えのあるものになりました。

水仙の学名はナルシサス。ギリシャ神話で水に映った自分の姿に惚れてやつれて死んでしまったナルシスの後に咲いた花が、この水仙。ナルシストの語源となっています。